しつけのさじ加減は親それぞれ

Pocket

自分の子への”しつけ”についてや、他人の”しつけ”について考えさせられたことってありませんか?

今日は珍しく子育てについて、特にしつけに関する考えを書いていく予定です。

子育てやしつけに関する考え方は人それぞれなので、私の考え方について”ん??”って思われる方もいるかもしれませんが、サラッと読んで頂ければ幸いです(*^^*)

スポンサーリンク




とある出来事がありました

今日、友達と1歳の子達(下の子だけ)を連れてのランチに行ってきました。

子連れランチでは、近くの席の子がこちらにヒョコっと来るのって”あるある”なんですが、今日の親子はなんか変わってました(笑)

3歳くらいの子だったのですが、来た回数5回以上、来たら何かを触ってみる、親は席に着座したまま『〇〇くん!〇〇くん!』と呼ぶ。”そんなんじゃあ、彼は戻らないと思うよ⁈”と初対面の私でも思ったけど、案の定戻らない(笑)最終的にこちら側のお菓子を一口食べたところで母がやってきて、『すみませんー』と連れ去って行きました。友達も私も予想外すぎて思わず笑ってしまいましたが、帰り道に『今日の子すごかったね…(笑)親は、怒らない教育してるのかなぁ』と言う話題に( ´ ▽ ` )

“あ!やっぱ同じこと思ってたんだぁ”と少しホッとしました。

どんなに仲良しだった友達でも、子を持つと疎遠になったりしますよねー。子供に厳しいタイプと怒らない子育てタイプが一緒に遊ぶとそれぞれの子供も混乱するし(笑)

子育てに関して同じ価値観を持った友達でよかったと改めて思った日でした。

久々に躾について考えてみる

私も子供を育てるようになってから、”しつけ”についてよく考えるようになりました。

私自身、子供が元々好きではないこともあり、”子供だから許される”という考え苦手です。なので、言葉の通じないうちでもダメだったら、普通に怒ってきました。←特に上の子には。

“赤ちゃんに厳しいわぁ”って身内には言われてましたが、じゃあ〇歳になったからって急に怒れるもん⁇ってのが疑問で(笑)もしかしたら、赤ちゃんのうちは怒らずとも自然と怒れる時期が来るのかもしれません。でもそもそも怒らない心のゆとりがない私には無理でした( ´ ▽ ` )

怒られ続けて3年の我が家のズー子、今どうなっているかというと、出先では手がかからない子に成長しました。家ではムリムリ言いますけどね( ̄▽ ̄)

最近言い返すことも覚えたので、いつまで私の言うことを聞くのかは謎ですが、ダメな事が何なのかは把握できているっぽいです。

長くなりましたが、躾問題、いまだ正解は分かりませんし、いつ正しかったと思えるのかも謎ですが…、自分なりにぼちぼちやっていこうと思います☆

最後まで読んでくださりありがとうございました♡

Pocket

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク