ミルク育児☆おでかけ編

Pocket

こんにちは*(^o^)/*日々、2児の育児に奮闘中の育休ママkokoです。

完ミの我が家のトー太も6ヶ月になり、離乳食も始めましたが、まだまだ”ミルク坊や”。

一人目の時は、度重なる乳腺炎に耐えかねて途中からミルク育児にしたものの、外出時どうやってミルクグッズを持ち歩けばいいか分からず、ただランチ行くだけでも、1泊旅行か!?ってくらいの荷物で行っていたものです(*_*; 今、考えると笑えるけど、当時は真剣に仕方ないことだと思って諦めてましたー( ´ ▽ ` )ノ母乳育児してるママ友の小荷物に憧れてたなぁー笑

もぅ今はミルクグッズの見直しをして、小荷物とはいかないまでも、パンパンのバッグからは卒業しました(*’▽’)

ミルクグッズといえば、

○哺乳瓶

○ミルク

○お湯

○お水              が必須です。

このなかでコンパクト化が出来そうなものは、お湯お水

お湯は水筒に入れて持ち運ぶので、小さい水筒を買うことで解決です。

ちなみに、愛用中のこのTIGERの水筒、容量0.2Lで、空の状態だと重さ約115g☆とっても軽いです。

お次は、水!最初はペットボトル入りのミネラルウォーターを持って行ったり、出先で買ったりしていたのですが、なんせ重い+かさばる+お金かかる!使っていない哺乳瓶(小)に入れて持ち運んでいたのですが、哺乳瓶の先(乳首)の部分、水入れに使っただけでも洗ったりしなくちゃいけないし、なにより、なーんかせっかくスペアとして活躍できる先をフタとして使うなんてもったいない!

もっといい方法はないもんかなーと思っていたら、薬局で見つけましたー♪『ピジョン Pigeon 母乳保存用哺乳びんキャップ 』っていうものを!早速、使ってみると、ビンゴ♡

外蓋と哺乳瓶に直接フタをするゴム製のキャップ。軽い、もれない、洗うの簡単と、すんごい優秀です。

また、本体は熱湯OKな哺乳瓶なので、湯冷しを作ってから入れる必要がなく、ポットからお湯を、水筒とこの哺乳瓶に入れることで、お出かけ3点セット完了♡

今はウォーターサーバーを使っているので湯冷し作りの必要はないのですが、1人目のときは、ウォーターサーバーを使ってなかったので、熱湯OKのこのメリットをしみじみ感じてました(⌒▽⌒)あ!ちなみに!熱湯を哺乳瓶に入れてすぐフタをすると、ゴム蓋が半分くらい中に入り込んじゃうので、フタをするならちょいと冷ましてからお試しくださいね(((o(*゚▽゚*)o)))

おかげさまで、外出時のミルクの大荷物問題は解決し、2人目ではスマートに外出デビューができました♡

ミルク育児の大荷物問題でお悩みの方の問題解決に役立てば嬉しいです✨

時短、便利、機能的なことが大好きな私のプチアイデアを詰め込んだミルク育児についての記事です♪ご興味があればぜひ♡

ミルク育児☆消毒編

ミルク育児☆我が家の調乳セット編

11ヶ月息子、ミルク卒業しました♪私の調乳ライフも終了

2人目ミルク時代を快適にしてくれたウォーターサーバーとも卒ミル&引越しを機にお別れしました。

ウォーターサーバーやめました☆ ~ノートラブルだったサーバーとのお別れ~

Pocket

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク