夜泣きはかんむし!?今年も”むし封じ”行って来ました!

Pocket

こんにちは(*^^)v

週末は子供たちのカン虫封じに行ってきました♪もはや我が家の恒例行事です。

『カン虫封じって!?(笑)』ってよく笑われるけど、夜泣きや癇癪に困っていた人には分かるはず。この夜泣きがおさまるなら、なんだって試したくなるんです。

スポンサーリンク




赤ちゃん 夜なきで こまったな~♪

我が家の長女、生後3か月から朝までぐっすりだったのに、生後半年を目前に夜中大声で泣くように・・・💦しかもどこか痛いのか?っていうくらいの声量です。はじめは一晩で2回くらいだったのに、気付けば1~2時間おきに!!もう毎日夜になるのが怖かったです。
あまりに続くのでこの泣きは何か病気か?と思い調べると、どうやら夜泣きらしい。
”時間が解決してくれます”や”成長のあかしなので付き合ってあげましょう”とか書いてますが、いやいや!無理!こんなんに毎日付き合えません!私が発狂します!(゚Д゚;)

夜泣きはかんむしが関係してる?!

”時期が来るのを待つ”以外になんか対処方法はないものかと調べていると、かんむし説が!かんむしと言えば、昔こんなCMで聞いたことがあるけど・・・
赤ちゃん 夜なきで こまったな~♪
かんむし 乳はき よわったな~♪
ひや、ひや、ひやの、ひや・きおーがん♪
私にはこれ以外の知識もなく、かんむしのことを話す人にも出会ったことがないです。

かんむしってなんかの虫?と思ったけど、どうやら虫でも病気でもなく、こどもが興奮して夜泣きやかんしゃくなどを起こすことの俗称のようです。

なんとかしてかんむしを退治したい

“虫出し”と言う、手のひらに真言、梵字などを書き、粗塩で手のひらをもみ洗いして、しばらく置いてみると指先から細かい糸状のものが出てくるという処置はあるようです。手のゴミが糸状になっただけという話もあれば、本当に落ち着いたという話も・・・

これを、私がして落ち着く気もしないので、どこか対処してもらえるところはないのか調べてみると、お寺で”むし封じ”をしているところがあるらしい!車で行ける範囲にありました!しかも、そこのお寺、7月の土用のシーズンのみの期間限定!私が調べたときジャストのタイミングだったので、行くしかない✨と思い、さっそくその週末に行きました。

実際のむし封じに行ってみて

まず手をきれいに洗ってもらい、手の平に不思議な文字を書いてから、むし封じの開始です。住職さんが何かを唱えながら、時折手足を金の置物のようなもの(ちゃんと名前があるんだと思います💦)で触りながら封じてもらいます。虫出しではなく虫封じなので、白い糸が出てくることはなく虫が悪さをしないように封じているのだそうです。

時間にしてだいたい10分くらいでしょうか。その後、寝室に貼るお守り、子供の寝床に挟んでおくお守りなどを頂きおしまいです。

費用は、それぞれのお寺で違うんでしょうが、私が行ったお寺では3000円でしていただけました。

気になる効果は?

こう言っちゃあなんですが、とらえ方かな( ´ ▽ ` )ノ

うちの子の場合、癇癪は、年々落ち着いた気がしますが、夜泣きは落ち着きませんでした。これじゃあ、参考になりませんね(笑)

でも、聞いてください!

夜泣きが落ち着かなくても、3年連続で連れて行ったということは、連れていくことで親の心が一瞬でも楽になるからなんです。封じてもらった安心感と、なにか対処した満足感からなんでしょうね☆

行ったお寺では、成長祈願もあわせてしてくれ、聖徳太子ゆかりのお寺ということから住職さんが『賢い子になーれ』というようなことも言ってくれます。そのおかげか、うちの子はおしゃべり上手な子に成長中です。

夜泣きに悩むパパ・ママへ

夜泣きや癇癪は、いつ落ち着くのか分からず、経験のない方には分かってもらいにくい問題ですよね。私もそうでした。やり場のないイライラで、毎晩ゲッソリ💦夜泣きのない子を羨ましく思ったり・・・

虫封じに行こうか悩んでいる方、悩んでいるなら一度行ってみるのもアリだと思います。問題解決しなくても、プラスαの安心感や満足感を得ることで、少し気分が楽になることもありますよ♡

Pocket

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク