1歳後半からの踏み台選び『高さ・安全性・デザイン性・サイズ感・コスパの良さ』で探す

Pocket

こんにちは(*^^*)みなさんの家にも手洗い用の踏み台ありますか?抱っこで手洗いさせていますか?

私は、ずっと子供を抱えて洗っていました。子供が1時9ヶ月頃、段々重くなる我が子を、毎回絶妙な姿勢で抱っこするのキツイ・・・ということで、手洗い用の踏み台の検討し買いました。踏み台ってあると楽ですね♡

どんな踏み台にしたかというと、こちら!我が家にぴったりだったのは、このダイソーの500円商品の風呂椅子です✨

私が、この風呂椅子を、踏み台して選ぶうえで重視した『高さ、安全性、デザイン性、サイズ感、コスパの良さ』の5点について以下に書いていきます✨

スポンサーリンク




まず、踏み台の高さ

この風呂椅子高さ27cmです。

売られている踏み台の多くは、高さ20cmくらいのものが多いですよね。

うちの洗面台は、高さ約81cm。身長80cm前後の我が子が20cmの踏み台にのったところで、手が洗えるかというと、厳しいです・・・💦出来るだけ高い方がいいけど、あんまり高いと落ちるかもしれないし、大きくなってくると使いにくいかも・・・となり、30cm前後を求めていた私に27cmは許せる範囲。

実際に娘を乗せて手洗いさせたところ、ギリギリ洗えました(^^♪身長83cmになった現在は、手も伸びたのか問題なく洗えています☆

安全な形状

私が踏み台に求めた形状は、本人が移動させるだろうから、その時に足を挟むことが少ないように底面がフラットでなく隙間があること!やはり、予想通りよく持ち運んで遊んでいましたが、足の指を挟んだことはないです。

唯一、不安だった、遊んで登って落ちるんじゃないかという不安!自分で降りられる階段型の踏み台と迷いましたが、実際のところは微妙に自分で登れない高さだったので落ちることもなかったです。

デザイン性

いかにも子供用品です!という色合いやデザインが苦手なので、できれば白が希望でした。(きちんと踏み台として売られているものの中にも、白のものはありましたよー。)

この風呂椅子は、『白+存在感のない見た目+掃除しやすいシンプルな形状』とわたしの求めるデザイン、ドンピシャでした✨

サイズ感

狭い我が家の洗面所に置くので、できるだけ場所をとらないコンパクトさも重要です。

他にも、階段型の物や折りたたみのものが候補に挙がりましたが、階段式のものはどうしても階段分の奥行きがあるので、だいたい奥行き35cm前後のものが多かったです。この風呂椅子は奥行き25cmなので、比べると少しコンパクトです。

コンパクトさで言うと折りたたみのものがピカイチですが、子供が持ち運ぶときに指を詰めそうなので、今回は候補から外しました。

この風呂椅子のサイズは、約 幅33㎝×奥行き25㎝×高さ27㎝です。踏み台にしてはコンパクトだと思います。

コスパ

コスパ◎です!500円!消費税入れても540円でしたから♡

プラスチック製の踏み台は、1000円以下のものもたくさんありますが、500円のものはなかなかないし、ダイソーで手軽に購入できるというのも魅力です。

まとめ

20cmの踏み台じゃあ低いし・・・かといって高いのも買いたくない。できればコンパクトで、存在感のない踏み台が欲しいなぁと同じように考える方、ダイソーの500円風呂椅子いいですよ(*^^*)

使い出して半年以上たちますが、なんの劣化も問題もないです。いつか踏み台としての出番がなくなったら、私たち親の風呂椅子として使ってもいいなーなんて思います。この高さ、大人が座ったり立ち上がったりするのに、いい高さなんですよ(笑)

Pocket

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク